熊本のランチ情報とダイエット??
昼のランチ情報を掲載します。熊本市内で私が食べたとっておきのランチあなたにだけ教えます。そう、食べるだけじゃ太りますよね、ダイエットに効く、芸能人もやってるという加圧式トレーニングの情報も書きます。


プロフィール

fischer

Author:fischer
某大会に出たときのスタートハウスでの写真
このあとは・・・・結果が物語っています(笑)
アルペンスキーで結果をだすために加圧トレーニングで筋力アップを目指してます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マックで読書

スキーシーズンも終わり久しぶりにのんびりした週末
図書館で借りた本でお勉強(笑)

スポンサーサイト

難しい

今日、明日はテストなんです
午前中の2教科終わりましたがさっぱりだね
あと5教科なんとか頑張ります
月曜日からは来年に向けてスタートだなぁ

南三陸町

災害派遣で月曜日から南三陸町に来ています
かなり瓦礫処理が進んでますがまだまだひどい状況です

バー
金曜日の夜は、同僚と飲んだ後、一人で大人のバーに久々に行ってきました。
というのも、うちの職場のすぐ隣なんですが、てっきり灯りがうちの建物から見えるお店だと思ってある日見てみたらなんも電気が付いてなくててっきり、店を閉められたのではと思って行ってなかったんです。

やっぱりここは、良いですね。大勢でいくお店ではありませんが、雰囲気があってお酒が美味しいです。
BAR MANO
bar


国体を終えて
今年の国体も、終わりました。
さて、レースを振り返りますが、レース自体は当初、大会の初日に開催する予定でしたが、初日は朝から霧雨、
当然、大会バーンには霧がかかり視界が良く無い状態でした。
この日の最初のレースである成年Aのレースが始まりましたが、途中何度も視界不良のため中断、そして、その後に行われる予定のレースの延期が決定、半日近くボーっと待たされた一日で、妙に疲れてしまいましたが気を取り直して翌日の大会に挑みます。
当然のように大会期間は決まっているので、前日行われなかったレースをねじ込むとタイトなスケジュール、結果、土曜日のレースには500人近くが大会コースを滑ることに!
ただ、不幸中の幸いというか、なんというか、今回のコースは事前に一日に4時間ずつ水を撒いて固めた完璧なアイスバーンのコース、一度転んだら、とまれないくらいのツルッツルなコースです。
ここまでアイスバーンなコースも初体験ですが、これくらい難いと多くの選手が滑ってもなかなか掘れたりして荒れないものです。
なかなか写真ではこの急斜面わかんないんですよね。
上から見るとこれ
20100227081612.jpg

下から見上げるとこれです。
ゴールから
ゴールから上を見上げたところです。
頂上が緩斜面から急斜面への落ち込み
さて、本日の一番最後の走者が私でして、スタートハウスでは熊本がんばれーとか、火の国魂で雪を溶かすような滑りをしろとか、役員の方から暖かい激励の言葉をいただき、緊張してんだかリラックスしてんだか訳わからん状態でスタート。
スタートハウスからいきなりスピードに乗るように結構斜度をつけてあり、ちょっと漕ぎを入れてスタート
1旗門は右側にあり、軽くあたりながら、いい滑り出し、それにしても雪面が固い!
ガッチガチです。雪面の凹凸はダイレクトに足に伝わってきます。こりゃ結構つらいなぁと思いながらも旗門をクリアしていきます。
さて、5旗門目にそれはやってきました。
コースの右側に立っている旗門、4旗門目を立ち上がって次のターンに入ろうとしたときに雪面の凹凸に跳ね上げられてまさかの後傾!そのまま発射されてしまい。板が前に抜けて転倒してしまいました。
まだ5旗門目なのですっげー恥ずかしくて・・・・・
運良く次の旗門はうまくコケながら通過してまして、すかさず立ち上がり、競技続行。
ただ、滑り始めた時にちょっと後悔したんです。何をかって?
あー、ここでリタイヤならあの急斜面滑らなくてよかったのに・・・・・
なんて思いながらも、自らを奮い立たせながらその後はいい感じでスピードに乗り緩斜面を滑り、恐怖の急斜面へ
急斜面の手前は旗門が左側から右側へとかなり振ってスピードを減速させるようになっているのですが、ここの飛び込みと同時に左ターンをしようと突っ込んだら・・・・当然、アイスバーンなので足元が抜けて壁に張り付いたみたいなコケ方になってしまいました。
しかーし、急斜面だからこそ壁に寄りかかったように見えるコケ方ということは壁から離れればすぐに立ち上がれるということ、ぺたっと壁にくっついた状態からエッジを効かせて体を起こして次の旗門に突入!
後は、急斜面を前半にうまくずらして斜滑降のような情け無い滑りで降りて、ゴール前数旗門は何事も無かったかのように格好よく降りてゴール!
当然のことですがタイムはボロボロ。ただ、最低限の完走という義務は果たせたようです。
国内でもかなりの難易度が高いコース、厳しかったです。
体のほうはちょっと腰を強打した程度で怪我はなしでした。
熊本県をPRするために貼ったステッカーはお守り代わりにはならなかったようです(笑)
スザンヌステッカー

大会前は街には出れませんでしたが、競技終了後は、ちょっと札幌の居酒屋で打ち上げ。
その後は一人で札幌駅ビルにある35階のバーへ
35階
出張などで県外に行ったときは必ずホテルのバーで飲むんですけど夜景見ながら飲む酒は、なんかいいんですよね。
何がいいのかって聞かれてもわかりませんけどね。

たまには
たまには自分の写真でも・・・・まだスタートする前なので元気です。顔焼けてますね。
結構、合宿所のご飯でかなり顔が丸い・・・・・クリックしないでね。
一応、今年が区切りの年に決めてたので来年はどうかなぁ・・・
応援してくれた皆さん、こんな結果でしたが、ご勘弁ください。
ありがとうございました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。